動物に関連した専門学校について

専門学校には様々な分野が存在しており、日本各地に多種多様な専門学校が設けられています。そんな専門学校の中には、動物に関連した内容を勉強するための専門学校も数多く存在していますよね。そこで今回は、動物に関連した勉強を行っている専門学校の種類やかかってくる費用、そして取得できる資格や卒業後の進路がどのようになっているのか解説していきます。

動物の専門学校とは

そもそも動物の専門学校とはどのようなものを指すのかというと、学科の内容や学ぶ内容に動物が関連している専門学校のことを言います。ただ一言で動物に関連した学問を身につけると言っても生物的な部分だけではなく、トリマーなどの美容面に関連するものもあれば動物看護士など医療面に関連するものもありますよね。

ほかにも畜産業や水産業を目指す目的の専門学校もあり、取り扱っている動物の範囲が専門学校や学科によって異なっているというケースも多いです。このように動物の専門学校と一言で言っても、関連した多彩なジャンルの学問を勉強することが可能となっています。

その分、ただ単純に動物に関わる仕事がしたい・動物に関して勉強したいというだけでは専門学校を選ぶことは難しい傾向があります。このため動物の専門学校に興味がある場合は、どのような動物に関連した分野に興味があるのか、どのような動物を取り扱う学科を目指したいのかを踏まえて専門学校の情報を集めることが重要だとされています。

動物の専門学校で取り扱われている学科

では動物の専門学校にはどのような学科が存在しているのかというと、これは専門学校ごとに取り扱っている学科が異なっています。例えば動物の美容関係の仕事を専門的に取り扱っている専門学校では、トリマーを育成するための愛犬美容科(トリマー学科)や美容・デザイン学科などがあります。

これらは名前が専門学校によって若干異なっていることも多いですが、そのほとんどはトリマー向けの授業や実習を行っているようです。また動物病院に勤めたい人向けの学科としては動物看護学科や動物医療学科などがありますし、栄養関係であれば動物栄養学科などもあります。

ほかにも研究職向けの動物研究学科やトレーナーを育成する学科、ビジネス面に重視した学科など多種多様な学科が設けられているのです。学科によってはほかの学科で学んでいる学問や技術を身につける必要があるため、関連性のあるものは1つの専門学校で内包されていることも少なくありません。

ただ基本的には学科によってどのような学問や技術を身につけられるのかが大きく異なるほか、卒業後の進路も変わってきます。取得できる資格も学科によって違うため、自身が取得したい資格に合わせて学科を選ぶことがおすすめだと言われています。

動物の専門学校で取得できる資格について

動物の専門学校に通っている時に取得できる資格にはいくつかの種類がありますが、その中でも代表的なものとして知られているのが「トリマー」と「動物看護士」です。特にトリマーは初級から上級までランクが分かれているため、初級であればどのような学科に通ったとしても比較的簡単に取得できると言われています。

また動物看護士に関しても動物に関する基礎的な知識や生物学の知識があればある程度取得しやすいと言われていることから、多くの人がこれらの資格を取得していると考えられています。ほかにもそれぞれの学科の専門性を活かして取得できるものも多く、動物共生環境コーディネーターや家庭犬訓練士、キャットグルーマー、ホリスティックアニマルケアセラピーなどの多種多様な資格の取得を狙うことができるのです。

ただ資格の種類によっては受験資格のみが得られるものや自動的に取得できるものなど条件が異なっているため、取得したい資格がある場合は条件などを確認しておくことが大切だとされています。また学科によっては卒業とともに自動的に取得できるものと受験しなければいけないものもあるので、その点にも注意が必要です。

動物の専門学校でかかってくる学費などの費用

基本的に動物の専門学校は昼間に通う2年制度のところが多くなっており、動物を相手に実習する必要があることから夜間の学科はあまり設けられていない傾向があるようです。

ただ全くないわけではないようで、取り扱っている動物や学科の内容によっては夜間の部を設けているところも少なからずあります。これらの点を踏まえてかかってくる学費としては、卒業までにおよそ200万円から300万円程度が相場とされています。

特に学費の中でも施設設備費用や実習費用が多額にかかってくるところも多いですし、学費以外では実習にかかってくる費用や資格取得にかかってくる費用がウェイトを占めているケースも少なくありません。ただ動物の専門学校は学科によってかかってくる学費などの費用が大きく変わってくるのはもちろん、学校によっても同じ学科でも費用が異なっていることも多いです。

また奨学金や教育ローンなどの学費サポートも条件を満たせば受けられるようになっているため、そちらを利用して費用負担を軽減する人も多いとされています。

随時入学に対応している専門学校

学校を卒業後の進路について

このように様々な学科や勉強する内容がある動物の専門学校は、卒業後の進路もほとんどが動物に関わるものとなっています。例えばトリマーに関連する学科であればペットサロンやサロンを併設している動物病院やペットショップ、さらにはペットホテルなどに就職する人が多いと言われています。

トリマー関連の仕事はペットサロンを中心として様々な場所で需要が高まっていることから、卒業後の進路や活躍の幅が広がっているところが魅力です。また動物看護士であれば動物病院に就職するという人が多いですし、獣医学科を利用している人は動物園や水族館などの専属獣医として就職する人もいます。

医療関係であればやはり医療機関に就職する人が多い傾向にあり、ある程度経験を重ねてから独立したり活躍できる幅を広げるという傾向がみられています。ほかにもペットビジネス関連の企業として犬や猫のカフェやしつけ教室に就職または起業するという人もいるようで、中にはペットショップの中にカフェやサロン、しつけ教室など様々なサービスを取り入れているところで多彩な経験を積むという人も少なくないようです。

このように動物の専門学校を卒業した後は動物を取り扱う仕事に就くようになっているものの、その幅は徐々に広がりを見せています。そのため思わぬ職場で活躍できる可能性もあるため、今後は卒業後の進路もより広がっていくことが期待されているのです。